ビタミンC誘導体(市販)でニキビやニキビ跡は治せない!?

ビタミンC誘導体(市販)でニキビ跡は治せない!?

 

今日は、

ニキビ跡をビタミンC誘導体(市販)で

なぜ治せないのか?

 

書いてみたいと思います^^

 

ビタミンC誘導体って、

万能成分といわれているんですが、

その種類によって、

実は、効果に違いがあります。

 

それを知らずして、

使っても効果は望めないんですね^^;

 

ですので、

ニキビ跡にケアとして効果的な

ビタミンC誘導体の種類の違いと

そして、

効果的なビタミンC誘導体の使い方について

書いていきます^^

 

 

 

ビタミンC誘導体の種類

 

それでは、

まずビタミンC誘導体には、どのような

特徴があるのか?

書いていきますね^^

 

もともとビタミンCは、

空気に触れると、酸化しやすい成分です。

 

そのままでは、お肌への吸収性も低いので、

化粧品への配合は厳しいものでした。

 

このビタミンCを、

酸化しにくい状態に変換したのが、

ビタミンC誘導体なんですね^^

 

ビタミンC誘導体は、

ビタミンCに比べてお肌に浸透しやすく、

浸透するとビタミンCに変化してくれます。

 

そして、

そのビタミンC誘導体の種類は3種類。

 

水溶性ビタミンC誘導体、油溶性ビタミンC誘導体、

水溶性・油溶性の両方の特性をあわせ持つビタミンC誘導体があります。

 

まず、水溶性ビタミンC誘導体。

 

効果が高い順番に書いていきますね。

 

水溶性ビタミンC誘導体

 

①リン酸アスコルビルMgマグネシウム

 

化粧水やクリーム、パウダーなどの配合に最適。

デメリットは、濃度が高くなると容器の底に沈殿が起こりやすいこと。

 

②リン酸アスコルビン酸ナトリウム

 

リン酸アスコルビルMgマグネシウムより

効果は低くなりますが、濃い濃度で配合できます。

 

油溶性誘導体では、

 

油溶性誘導体

 

①テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)

 

アスコルビン酸イソパルミテートまたは

イソパルミチン酸アスコルビルともいわれる。

クリームなどの油分を多く含む化粧品への配合にに最適。

 

水溶性、油溶性の両方の顔をあわせ持つビタミンC誘導体

 

①アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸「APPS(アプレシエ)」

 

進化型ビタミンC誘導体。水溶性と油溶性、

どちらにも配合でき、角質層への浸透だけではなく、

真皮まで浸透しやすい。

他の水溶性ビタミンC誘導体と比べて、

100倍の浸透力といわれています。

 

ちょっと、専門的で難しいのですが

結論から言うと

 

この種類を見ればわかるように、

水溶性、油溶性の両方の顔をあわせ持つ誘導体、

①アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸「APPS(アプレシエ)」が、

最も効果的であることがわかりますよね^^

 

お肌への浸透が高く、真皮までビタミンC誘導体を届けられるのは、

「APPS(アプレシエ)」のみです◎

 

ニキビ跡へ効果的なビタミンC誘導体

 

ビタミンC誘導体配合の化粧品は、

市販のものでもありますが、

どの種類のビタミンC誘導体を配合しているかで、

ニキビ跡への効果も

実感できないことがあります。

 

そして、さらに、

ビタミンC誘導体の配合量はどれくらいなのか?

 

その点においても、

効果を感じる、感じないが

出てきてしまいます^^;

 

ちなみに、

価格帯は、効果の高いビタミンC誘導体を配合していると

高くなります。

 

もちろん、

高ければなんでもいいというわけではありませんが、

ある程度は比例すると考えるのが妥当です^^;

 

つまりは、値段は高くても

ニキビ跡をケアするには効果を見込める

ビタミンC誘導体を使わないと

あまり効果は期待できないという事です。

 

そして、次で詳しく解説していきますが

 

ビタミンC誘導体は

しっかりとしたもので

ちゃんとしようすれば

ニキビ跡へ効果は期待できます。

 

それに書いていきますね^^

 

ニキビ跡への効果

 

ビタミンC誘導体が、

ニキビやニキビ跡へ効果を発揮することは、

広く知られている事なのですが、

実際には、どういう状態で効果を発揮するのでしょう?

 

その説明をする前に、

ニキビはどのようにできてしまうのか?

の説明を少ししますね^^

 

ニキビは、カンタンにいうと、

毛穴に皮脂が詰まって出来てしまいます。

 

初期の頃は、

①白ニキビ(皮脂が毛穴に詰まってできるニキビ。)

 

進行すると、

②赤ニキビ(白ニキビから進行し、

赤くなり炎症を起こしている状態のニキビ。)

 

さらに、進行すると、

③黒ニキビ

(ニキビの皮脂が酸化して黒くなってしまったニキビ。)

 

最終段階になると、

④膿みニキビ(炎症が進み、膿が貯まっている状態のニキビ。)

と、なります。

 

では、実際にどのようにビタミンC誘導体は効果を発揮するのか?

説明していきますね。

 

ニキビの炎症に、

実は活性酸素が関係しています。

 

活性酸素は、炎症を促進するという働きがあり、

活性酸素が多いと、炎症はますます酷くなります。

 

ビタミンC誘導体は、抗酸化作用に優れていますので

ニキビの炎症を和らげてくれるんですね◎

 

また、

ニキビ跡によく見られる、

色素沈着を防いでくれるという働きもあります◎

 

そして、

ニキビの初期段階には、

皮脂の過剰分泌による毛穴のつまりで

ニキビができてしまう、という事がそもそもの原因でしたよね。

という事は、その過剰な皮脂を正常に整える必要があります。

 

ビタミンC誘導体には、

皮脂の過剰分泌をコントロール

するという働きもあります。

 

ですので、

白ニキビ→赤ニキビ→黒ニキビ→膿みニキビ

のどの段階のニキビにも効果を発揮してくれます^^◎

 

そして、もちろん、ニキビ跡にもです!

 

ニキビや、ニキビ跡にはビタミンC誘導体が

とても効果的なことは、おわかり頂けたでしょうか?

 

ビタミンC誘導体の種類(APPSが最も効果的!)を

しっかり見極めることは、ニキビ跡の改善に繋がります。

 

市販のものでもAPPSが配合されているのなら、

効果を実感できるかもしれませんが、

残念ながら、それはおそらく望めないでしょう…。

 

ニキビやニキビ跡におすすめのビタミンC誘導体

 

そして、ビタミンC誘導体には、

その他にもお肌への効果がたくさんあります^^

 

・活性酸素を抑える抗酸化作用

・今すでにあるメラニン色素を還元する作用

・新陳代謝を促進する作用

・皮脂分泌のコントロール作用

・コラーゲンの生成促進

 

これらの作用で、ニキビ以外にも

美白・シワ・たるみ、

エイジングケアにも、とても効果的なんです。

 

そして、使うのであれば

ビタミンC誘導体(APPS)配合の

美容液がおススメです。

 

ニキビやニキビ跡に悩まれている方に

個人的におすすめな

ビタミンC誘導体がこちらです。

↓ ↓ ↓

高濃度のビタミンC誘導体

 

 

ビタミンC誘導体で

ニキビやニキビ跡をケアするのであれば

しっかりと効果の見込めるものを

使うのがポイントです。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ