ダイエット運動・エクササイズに効果的な時間帯はあるの?

実はダイエットエクササイズに効果があるといわれる時間帯は特にないのです。
朝が良いとか夕方が良いなどと、諸説ありますが効果はあまり変わらないようです。
体質や生活習慣によって、自分が運動しやすい時間帯に気持ち良く

トレーニングをすることが効果的に痩せられるコツです。

プリント

 

朝の時間帯のエクササイズダイエットのメリットとデメリットは?

 

一日を快調にスタートさせるためには、早朝のウオーキングや
ジョギングが適していますが、

体がすっきり目覚めていないまま運動することは危険を伴います。

起床後、軽いストレッチなどをしてから、
ウオーキングやジョギングに出かけるようにしましょう。
また、寝起きで空腹の状態では血糖値が低下しているため、何も食
べずに運動をすると気分が悪くなったり、めまいがすることがあります。

出かける前には何か少しでも軽く食べることをおすすめします。

 

 

夜の時間帯のダイエット運動は?

 

夜のウオーキングで多くの酸素を取り込んで眠ると、ホルモンの分泌
が活発になって、睡眠中に新陳代謝がアップします。
しかも脂肪は寝ている間につきやすいので、夜に歩いて余分な脂肪を燃
やしておくことは、シェイプアップ効果が期待できるのです。

その他、紫外線を気にせずに歩けるのもメリットの一つです。

 

デメリットは一人で歩く場合の治安の問題と、交通事故の心配です。
夜のウオーキングやジョギングは蛍光塗料の入った衣服や靴を身に着け
たり、人通りの多いところを通るようにしましょう。

体質や生活サイクルによって、自分が朝方タイプか夜型タイプかが分
かってくると思います。
ウオーキングやジョギングは朝、昼、夜といつ行っても脂肪燃焼効果は
さほど変りません。体調に配慮し、都合のよい時間に無理のない形で運動
することが大事です。

 

食前の運動と食後の運動、どっちの時間帯がダイエット効果があるの?

 

食前は、血糖値が低いのでエネルギー源の糖分が足りなくなります。
そこで、体内に蓄積された脂肪がエネルギーとして使われます。
食後の運動のメリットは体内に脂肪として蓄積されてしまう前に、
エネルギー源としてすぐに使ってしまうので、体内に脂肪が溜まりにく
くなります。

結局食前の運動も食後の運動もどちらも効果が期待できるわけです。
本当は食前も食後も両方運動を行うのが、よりダイエット効果が得られ
るのでしょうが、そう時間も取れません。簡単なストレッチや階段の昇降
などを取り入れると、思った以上にカロリーを消費しますのでお試し下さい。

 

ダイエット目的の運動は、自分の都合のよい時間帯に行うのがストレス
なく続けられる秘訣でしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ