妊娠・産後の薄毛や髪が薄くなった場合の対処法 

いつもお読みくださりありがとうございます。

 

産後の薄毛や髪が薄くなった場合の対処法 

というテーマが書いていきたいと思います。

 

妊娠から出産後には

かなり抜け毛が目立つ事があります。

 

これを、医学用語で

”分別後脱毛症”と言います。

 

妊娠・産後の薄毛や髪が薄くなった

産後の薄毛や髪が薄くなる原因

 

前述の通り

産後の薄毛や髪が薄くなる原因は、

”分別後脱毛症”です。

 

これは、どういうものかというと

妊娠・出産に伴う

ホルモンバランスの著しい変動にあります。

 

髪の毛には以下の様に

ヘアサイクルというものがあります。

 

 

この図にあるように

人の髪の毛は、

成長⇒退行⇒休止を繰り返していますが

 

妊娠・出産に伴う

ホルモンバランスの著しい変動により

成長期にあった髪の毛が一斉に休止期に

入ってしまうのが分別後脱毛症です。

 

例えば、私達の生活でも

毎日、規則正しく行っていた事が

突発的な出来事によって、規則性が乱れると

予定が乱れて

日常的な行動がとれなくなる事がありますよね?

 

これと同じです。

 

つまり、産後の薄毛や髪が薄くなった場合は

主な原因は、ホルモンバランスの

乱れによる分別後脱毛症です。

分別後脱毛症以外の薄毛の原因

 

ですので、

分別後脱毛症が主な原因となりますが

それ以外にも、考えられる原因もあります。

 

例えば加齢です。

 

一般的に

高齢出産の方や一度目より二度目の

出産の方が、

抜け毛が酷いとか回復が遅いという

ケースがあります。

 

これは、端的にいうと

分別後脱毛症に加えて

加齢も影響しているからだと考えられます。

 

産後の薄毛や髪が薄くなった時に治療や対処は?

 

ここまで、

産後の薄毛や髪が薄くなった場合の原因

について書いてきましたが

この薄毛になった場合はどうしたら

良いのでしょうか?

 

まず、分別後脱毛症は

一時的にかなり気になりますが

一年から一年半くらいで元に戻るのが普通です。

 

なので、回復まで待つというのも

1つです。

 

但し、やはり女性なので

髪の毛が薄くなるのはとても嫌なものです。

 

ですので、回復早くする為に

ヘアケアという対策を講じるのもよいかと思います。

 

手軽にできるヘアケアとしては

育毛剤があります。

 

この場合、男性向けの育毛剤と

女性向けの育毛剤は、薄毛の

原因やメカニズムが違うので

女性向けでできるだけ、良いものを

使うのがポイントです。

 

例えば、コチラの

育毛などはとても安心できるものです。

ケノミカ育毛剤

 

それから

大切なのは、

的確なヘアケアをして

過度に悩まない事です。

 

悩むという事は、ストレスになり

ヘアケアという部分で良い影響を与えません。

 

ここまでお読みくださりありがとうございます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ