女性の髪が急に細くなったのは危険なサイン!?原因

 女性の髪が急に細くなった!?

 

髪の毛って、ほんと大切ですよね^^

 

髪は女の命と言われるくらい、

大切なもの。

 

ですが、髪の毛は

年齢と共に痩せてくる傾向にあります…。

 

若い頃は、綺麗な髪と言われたのに

今は…。

 

今日は、

髪の気が細くなる原因と

細くならないためのヘアケア、

 

細くなってしまった時の原因、対処法、

そして、

細くなった髪を目立たせないヘアケアについて

書いていきます^^

 

 

 

髪の毛が細くなる原因と改善策

 

髪の毛が細くなってくると、

一番気になることが、ハゲるのではないか^^;?

ということ。

 

ちまたでは、

髪の毛が細いと近い将来ハゲる!

という話をよく聞きます。

 

こんなことを言われる根拠は、

おそらく、

髪の毛が細いと髪の毛が太い人を比べると、

髪全体のボリュームがないので

将来的にハゲるといわれるのではないかと

思います^^;

 

たとえば、

髪の毛が太い人と細い人、

同じ本数の髪の毛が生えていたとします。

 

髪の毛が太い人は、密集して見えるので

フサフサして見えますよね。

 

それに対して、

髪の毛が細い人は、髪の毛が太い人と比べると

密度が低くなるので薄毛に見えてしまいます…。

 

髪の毛が細いというだけで、

弱々しい印象を与えてしまうため、

ハゲるのでは?

っと、思われるんですね…。

 

では、どうして髪の毛は、

細くなってしまうのでしょうか?

 

髪の毛が細くなる原因

 

髪が細くなる原因は、ひとつではありません。

 

加齢やストレス、偏った食事、

ホルモンなどが影響していることがわかっています。

 

髪の毛には、ヘアサイクルと呼ばれる

髪が成長する周期があります。

 

 

 

 

そのヘアサイクルには、

成長期•退行期•休止期という

期間があるのですが、

そのサイクルが健康な時のサイクルとは

まったく違う動きになるんですね。

 

成長期は短くなり、

退行期、休止期が長くなってしまいます。

 

成長期になると、

太く丈夫に育ってくれるんですが、

 

成長期の時間が短くなると、

まだ育ちきっていないのに次の退行期が訪れてしまう事で、

細い毛になってしまったり、

抜け毛が増えるということが起きるんです^^;

 

また、加齢の場合は、

少しずつ毛が細くなったり抜け毛が増えるのですが、

 

外的要因(ストレスや過度なダイエット)の場合、

髪の毛が急に細くなってしまうことがあります。

 

この状態は、頭皮に栄養がいかず、

頭皮の血行が悪くなってしまうからなんですね。

 

ですので、髪の毛が細くなる原因は、

いろんな要素が積み重なって、

起こるということになります。

 

では、実際に

髪の毛が細くなってしまったら

どうすればいいのか?

 

髪が細くなってしまったら

 

髪が細くなって、そのまま放置していると、

抜け毛や薄毛になってしまう可能性があります!

 

ですので、

ストレスや偏った食事、睡眠不足などが原因の場合は、

ストレス解消、栄養を考えた食事、質の良い睡眠、

などを心がけるなどの改善措置が必要です。

 

質の良い睡眠は、寝ている間に、

お肌や髪の毛などを健康に育ててくれ、

よく眠ることでストレス解消にもなります。

 

また、豆腐などの大豆製品や青魚、

貝などの魚介類など、

良質なたんぱく質は髪にとって

大切な栄養源になりますので、

積極的に食事に取り入れることをおすすめします^^

 

そして、次に、

髪の毛が細くならないためのヘアケアを

書いてみますね^^

 

髪が細くならないためのヘアケア(シャンプーや育毛剤)

 

髪が細くならないためのヘアケアは、

頭皮の血行を良くすること、

頭皮を清潔に保つことです。

 

頭皮の血行を良くするには、

 

①シャンプー前に専用の

ヘアオイルを使ってオイルマッサージをする。

 

②シャンプー後に専用の

ヘアローションを使ってマッサージをする。

 

③シャンプーは、夜に行う。

(朝にシャンプーすると、

せっかく寝ている間に修復された頭皮や

髪の毛が紫外線などのダメージを受けやすくなる。)

 

このどちらでもいいのですが、

地肌のマッサージをして、血行を促します^^◎

 

そして、頭皮を清潔に保つこと。

 

頭皮を清潔に保つ=シャンプー

ですが、

シャンプーする時は、

爪を立てず、指の腹を使って

マッサージするように洗います。

 

これで、

頭皮の血行促進と頭皮を清潔にします。

 

この場合、

シャンプーもなるべく頭皮に

優しいものを使う事が大切です。

 

良いシャンプーの例:

オーガニックなシャンプー

 

また、かなり深刻な場合は

育毛剤なども併用してマッサージをおこなう

と効果的です。

 

育毛剤の正しい選び方

 

⇒ 女性の育毛剤を選びは副作用に注意!

 

髪が細くならないためのヘアケアをしたら、

次に、

すでに細くなってしまった髪の毛を

目立たせないヘアケアです^^

 

細くなった髪の毛を目立たせないヘアケア

 

細くなってしまった髪の毛を改善するためには、

内的要因(ストレス、偏った食事、睡眠不足)

を見直し、

頭皮の血行促進(マッサージ)と頭皮を清潔に保つ(シャンプー)

を行いますが、

実際にいま細くなってしまった髪の毛は

気になります^^;

 

そこで、おすすめなのが

細くなってしまった

髪の毛を目立たせなくするという事。

 

「目立たせない!?」

 

目立たせないとは、

「髪の毛にフワッとボリュームを出す」ことです^^◎

 

フワッとボリュームが出せれば、

細くなってしまった毛も

目立たなくなりますよね◎

 

どうやって、

フワッとボリュームを出すのかですが、

私がおすすめなのは、

「トリートメント」です!

 

「なぁーんだ、トリートメントか…。」

 

^^;

 

トリートメントなんですが、

お風呂場で使うインバストリートメントではなく、

お風呂から出た後に

使うアウトバストリートメントです◎

 

しかも!

夜ではなく、朝使ってほしいのです^^!

 

「めんどくさい…。」

 

いうほど、めんどくさくないですよ^^;

 

朝、スタイリングをする時に、

スタイリング剤の代わりに

「洗い流さないトリートメント」を

使います。

 

洗い流さないトリートメントは、

 

・ドライヤーの熱から髪を守る。

・指どおりをよくする。

・髪にツヤを与える。

・髪を紫外線から守る。

・髪に湿気を含ませないようにする。

・栄養を与えて髪のダメージを修復する。

 

などに実は、効果的なんですね^^

 

髪をザッと濡らして、手でトリートメントを少量つけて、

ドライヤーでセットするだけです。

 

ですのでトリートメントを

変えてみるというのも1つの方法です。

 

これに関しては

こちらでも書きましたが

 

 

 

40代の髪がパサパサする悩みと簡単な手入れ方法とは? 

 

まとめ

 

女性の髪が急に細くなると焦るものですが

どれか1つの原因とよりは複合的な

要因が積み重なっている事が多く

「コレという原因」を特定するもは困難です。

 

ですので

焦らずに

1つ1つの原因を追究して

改善していくのが良いと思います^^

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ