顔のたるみを解消する簡単な筋力トレーニング

筋肉を鍛えることで、顔のたるみが解消できます。

後頭部から背中にかけて広がっている筋肉を「僧帽筋」といいますが、
この筋肉の大きな役割は、肩甲骨を支えて動かすことです。

実はこの筋肉は顔全体を後ろから引っ張るという役目があります。
この筋肉がたるんでくると顔もたるんできます。

 

自分の体重を負荷としておこなう筋力トレーニングは、いつでも

どこでもできるので、僧帽筋を鍛えて顔のたるみを解消しましょう。

 

顔たるみ

 

 

顔のたるみの筋力トレーニングの具体的なやり方

 

<首のストレッチ>
・首を前後にゆっくりと倒します。
・右手を頭に乗せゆっくりと右側に倒し、筋肉をよく伸ばします。
・左手を頭に乗せゆっくりと左側に倒し、筋肉をよく伸ばします。
・首を右回転、左回転させます。

 

<僧帽筋のストレッチ>

 

・両手を組み、頭上に背伸びをするように伸ばします。
・そのまま組んだ両手を前方へ出して、背中の筋肉を伸ばします。
・後ろ手に組み直し、後方へ伸ばし胸を開きます。

 

<肩甲骨のストレッチ>

 

・左腕を伸ばした状態で、右の上腕でゆっくりと左腕を右側へ筋肉を
ひきよせます。
・右腕を伸ばした状態で、左の上腕でゆっくりと右腕を左側へ筋肉を
ひきよせます。

 

体のたるみ解消で顔のたるみも解消

 

<腕立て伏せ>

 

・ひざを床につき、両腕は床に対して垂直にし肘は少し曲げる。

・両手は肩幅より少し広めにおく。ゆっくりとひじを曲げ、1秒間
そのままの姿勢をキープする。腰をそらさないように気を付けながら、
ゆっくりと元に戻す。

 

<ヒップエクステンション>

 

・椅子に両手を置いて背筋を伸ばして立ち、お尻の下の方に力を入れて
キュッと引き締める。

・3秒間かけて足をかかとから後ろへ上げ、1秒間そのままの姿勢を保つ。

・3秒間かけて元の姿勢に戻す。

 

<スクワット>

・肩幅に開いた足を八の字に開き、つま先を外側に向ける。

・背筋を伸ばし、両腕を前面に突き出す。

・つま先と膝が同じ方向に向いていることを確認しながら3秒間かけて
腰を落とす。そのままの姿勢を1秒間キープする。

・3秒間かけて元の姿勢に戻す。

 

<レッグカール>

・片足立ちになり、片足を前方に投げ出し、次にその足を後法に引き
寄せる。(バランスがとりづらい場合は何かにつかまる)

 

<腰割>

・お相撲さんのしこを踏むポーズ のように肩幅より少し両足を開い
て立ち、つま先を外側に向けて膝を大きく開く。

・両ひざ頭がつま先と同じ方向を向くように開きながら腰をひざの
高さまで落していき、ゆっくりと元の立ち姿に戻る。

 

下半身には体の中でも最も大きな筋肉があるため、筋トレを習慣
にすると基礎代謝があがり、効率よく脂肪が燃焼します。

 

下半身に筋肉がつくと立ったり、座ったり、歩いたりといった動作が軽やか
になり、日常生活がアクティブになります。

 

筋トレはダイエット効果だけでなく、アンチエイジング効果もあります。

日常生活の中で積極的に筋力トレーニングをしましょう。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ