ファンデーションでニキビを隠すのは駄目?

今日は、ファンデーションでニキビを隠すのは止めた方が良いのか?という事について

書いていきたいと思います。

 

ニキビができた時は、できればファンデーションの使用は

避けた方が良いのは事実です。

 

事実、皮膚科に行くとニキビが出来た時にファンデーションはしない様に

とアドバイスする先生もいます。

 

しかし、ファンデーションをするのは女性にとって自然な事です。

ここでは、ファンデーションのニキビへの影響や対処法について掘り下げていきます。

ファンデーションとニキビ

 

 

 ファンデーションはなぜ、ニキビには駄目なの?

 

ニキビは、皮脂が毛穴に溜まり、そこへアクネ菌が繁殖する事で

徐々に悪化していきます。

 

ファンデーションは油分を含んでいますので、このアクネ菌を

繁殖させる原因となりますので、ニキビができた時には

避けておいた方がよいです。

 

これがニキビとファンデーションの相性はあまりよくない理由です。

 

とは言え、私は個人的にはニキビを隠すのは反対的な立場ではありません。

「ニキビ肌」は女性の自信を失わせて

性格も暗くさせてしまうという実験 結果もあるという話を聞いた事があります。

 

ファンデーションでニキビを隠す方法とは?

 

また、冒頭で書いた様に女性にとって

「 ニキビがある間はファンデーションを使うな。」と言われても酷な話です。

 

ですので

 

そんな時は、パウダーファンデなどを使用すると良いと言われています。

また部分的にニキビを隠したい時には、コンシーラーを使用しましょう。

 

ファンデーションは、大きく分類して

リキッド、クリーム、パウダーに分けられます。

 

このうち、リキッド、クリームは油性成分がメインになりますので

避けておきたい所です。

 

反対に、パウダーは固形になりますので

油分が少ないのでニキビ肌にはおすすめです。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ