肌の美容を考えた場合のパウダーファンデという選択肢

最近では肌になるべく負担をかけないミネラルファンデーションが発売されています。

ファンデーションはやはり女性を美しく見せるメイクとして必要ですが

同時に肌に負担を強いているのは事実です。

 

界面活性剤防腐剤などのファンデを作るにあたり必要な成分が

に良くないのは言うまでもありません。

 

良質なミネラルファンデであれば、そこを補なう事ができるのですが

原料費が上がるので値段が高いというデメリットもあります。

 

そこで提案するのは、パウダータイプのファンデーションという選択肢です。

 

ファンデーション画像

 

パウダーファンデで肌に優しい理由

 

パウダータイプのファンデーション肌に良い理由は以下の点です。

これは、クリームファンデ、リキッドタイプ、ゲル状など使用される成分の違いが

大きなポイントとなります。

 

●液体状のテクスチャーの場合は、必ず防腐剤が必要になります。

水分が含まれているものである以上、腐らない様に薬が入っているのです。

 

有名なのはバラベンで肌にアレルギーを起こす可能性があります。

他にも毒性のある防腐剤は多いので注意しなくてはなりません。

 

●界面活性剤

 

合成界面活性剤は皮膚のバリア機能を破壊して肌を乾燥させます。

実は、クリームタイプの方が肌を乾燥させる可能性があります。

 

 

その他にもゲル状タイプには、合成ポリマー(プラスチックの一種)が使われていたりしますので

パウダーファンデ以外では、肌に有害な物質が含まれる傾向が一般的にあります。

 

 

パウダーファンデで粉浮を防ぐには?

 

それでも、パウダーファンデは粉浮などの理由から敬遠される事が多いです。

パウダーファンデは、使用する前に保湿成分にある美容液を化粧下地として使い

保湿成分のある乳液かクリームを少なめに塗りましょう。

 

ポイント画像

 

少し肌に馴染ませてから、ファンデすると粉浮は防げます。

初は粉ぽくても皮脂が出てくると落ち着きますから、程度を段々と調整するのが

ポイントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ