馬プラセンタの美容液化粧水はどんな効果あるの?

馬プラセンタの美容液(化粧水)

 

『馬プラセンタの化粧品』は、

知っているという方が多いと思います。

 

プラセンタをスキンケアとして使う場合、

美容液やゲルなどが有名ですが、

 

実は『化粧水』も効果的だという事は

あまり知られていません。

 

ちなみに、このプラセンタエキス。

 

医療の現場で使われるヒト由来のもの、

化粧品やサプリメントに使われる豚・馬由来のものがあります。

 

たくさんのアミノ酸やビタミン、ミネラルなど

私達が生命を維持するのに、

 

必要な栄養素が豊富に含まれ

美容効果も高いと言われている

プラセンタですが、

 

その中でも

品質が高いとされている

『馬プラセンタの化粧品』

化粧水の効果について

書いていきたいと思います^^

 

 

 

 

馬プラセンタの美容液化粧水の効果とは?

 

 

動物プラセンタの中でも

出産数の少ない馬プラセンタは

純度が高く品質がよいとされています

 

そして、

馬プラセンタの化粧水から

期待できる効果は以下のものです。

 

順番に解説していきます。

 

①皮脂分泌コントロール、肌のバリア機能を整える

私たちのお肌は、皮脂膜によって

外部からの刺激から、

守られてる事はご存じでしょうか?

 

若い頃は、皮脂の分泌が盛んですので

どちらかというと脂っぽいお肌なのですが、

 

加齢によって、その皮脂の分泌も減少してしまいます。

 

ある程度の年齢になると、脂っぽさは無くなり

今度は逆にお肌が乾燥してくるんですね^^;

 

それも悪化してくると、

お肌がカサカサになったり、粉ふき状態になります。

 

こうなってくると、

さまざまな肌トラブルが、肌表面に現れてくるんです。

 

その上、皮脂膜がなくなると

紫外線の刺激もダイレクトに受けることとなり、

 

さらに、

シワ・シミ・くすみ・毛穴の開きなどの肌トラブルを

助長してしまうんです。

 

いかに、皮脂膜が大切なものか?

という事ですよね^^

 

皮脂は、多すぎても

ニキビや吹き出物の原因になってしまったり、

少なすぎてもお肌を乾燥させてしまうという

コントロールが難しい厄介なものです。

 

その点、プラセンタには、

皮脂の分泌量をコントロールする働きがあり、

お肌のバリア機能を正常に整える効果がありますので

お肌を守るということに効果的なんです。

 

②抗炎症

 

抗炎症作用は、お肌に起きた炎症を

抑えてくれる作用ですが、

 

プラセンタには、ニキビなどの炎症を抑えたり、

皮膚炎などを沈静化させる作用があるといわれています。

 

お肌が炎症を起こして、

「赤くなる。」などにも効果的な成分なんですね。

 

③肌の潤いを保つ

 

私たちのお肌がうるおっていられるのは、

肌にもともと存在する

NMF(天然保湿成分)のおかげなんです。

 

プラセンタ化粧水には、

このNMF(天然保湿成分)の主成分である

アミノ酸が豊富に含まれています。

 

アミノ酸はお肌の角質層にグッと浸透し、

NMF(天然保湿成分)の生成を促進、

お肌のうるおいをサポートしてくれます。

 

④抗酸化

 

「酸化する」という言葉は

よく聞かれる言葉ですが、

この「酸化する」は、「錆びる。」ともいわれ、

人間に例えると『老化』を意味します。

 

エイジングケアにおいては、

この『酸化』をさせない事が重要だと

注目されているんですね。

 

お肌を酸化させてしまう原因となるのが、

『活性酸素』です。

 

この『活性酸素』は本来、

ウイルスや細菌などから身体を守ってくれる働きがあります。

 

ですので、悪い事ばかりではないんですね。

 

ところが、紫外線を過剰にお肌に受けることで

必要な量以上に発生してしまうという事があります。

 

こうなってしまうと、発生した活性酸素は、

ウイルスや細菌以外の健康な細胞まで

攻撃し酸化させて、

お肌の老化を早めてしまう事がわかってきています。

 

ですが、実際に私たちが生活するのに、

紫外線を浴びずの生活は残念ながら、

出来ませんよね^^;

 

となると、

発生してしまった活性酸素を

抑制してくれるものが必要となります。

 

プラセンタは、

「抗酸化作用」を持つ成分

ビタミンC・ビタミンE・ミネラル・活性ペプチド、

 

SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)という、

活性酸素消去酵素、

 

セラミド(細胞間脂質)などが酸化し出来てしまった、

「過酸化脂質」を減少させる

ビタミンB・スーパーアクティブアミノ酸

 

など多数の抗酸化作用を持つ

成分が含まれていて、

活性酸素を抑制してくれます^^

 

 

⑤美白

プラセンタが「哺乳動物の胎盤」なのですが、

その胎盤から栄養素を抽出したのがプラセンタエキス。

 

胎盤の機能は、

赤ちゃんの成長を促進するということですので、

プラセンタの主な効果としては

『代謝を促進すること』です。

 

美容的に説明すると、まず、

 

毛細血管の血流が良くなることで、

お肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促します。

お肌の新陳代謝が良くなると、

メラニンを含んだ古い角質は、

剥がれやすくなります。

色素沈着して、出来たシミやくすみなどを改善します。

(※これは、今あるシミやくすみの改善ですね。)

 

さらに、もう一点。

 

メラニン色素の原因となる「チロシナーゼ」

という酵素を阻害。

メラニンの生成自体を抑制する。

(※これは、これから出て来るであろうシミの生成を抑えます。)

 

つまり美白も

馬プラセンタの化粧品は効果が

期待できるわけです。

 

⑥ハリや弾力

 

プラセンタには、

成長因子(上皮細胞増殖因子・線維細胞増殖因子)

が含まれていて、

 

お肌のハリや弾力も元となる

コラーゲンやエラスチンの生成を促進、

 

多くのアミノ酸も含まれているので、

ハリのあるお肌になるのにも効果的です。

 

プラセンタの美肌効果

 

美容成分として、

「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」は有名ですが、

プラセンタには、これらの成分も含まれているんですよ^^

 

そして、

プラセンタの赤ちゃんを成長させる成分は、

加齢によって肌トラブルを起こしてしまったお肌には

新陳代謝を促進し、美白につながるといわれているんです。

 

プラセンタは、ほんとに万能な成分だと

おわかり頂けたかと思いますが、

 

次に、

馬プラセンタ化粧水を選ぶ時の注意点を

書いてみたいと思います^^

 

馬プラセンタ化粧水美容液の選び方

 

ととここまで

馬プラセンタは多面的に

美肌に良いというのをわかって貰えたと

思います。

 

ただし、

馬プラセンタ化粧水の選び方には

注意点があります。

 

もともと化粧水はそのほとんどが水分です。

 

ですので、美容液などと比べると

馬プラセンタの濃度は必然的に低くなりますよね^^;

 

ただし、プラセンタ以外に

ヒアルロン酸やコラーゲンなども一緒に配合されていると

相乗効果でとても効果的になるんです^^!

 

それから、製品の成分表を見て

しっかり馬プラセンタが配合されているか?

を確認することをおすすめします!

 

ここで、

カンタンにチェクできる方法をお伝えしますね。

 

 

こちらの画像をご覧ください。

 

 

これ、左から

水、BG,グリセリン、DPG,ペンチレングリコール、馬プラセンタ(プラセンタエキス)…。

と書かれていますね。

 

実は、左から書かれている順番が

配合されている量の多い順番なんです^^

 

馬プラセンタは、

コラーゲンやヒアルロン酸などよりも、前に書かれています。

(当然ですが)

 

この見方で、実際に、

分量そのものがわかるわけではありませんが、

美容成分の中で最も左にあることが

確認できるんです。

 

この画像ですが、実は私が使っている

『馬プラセンタ化粧水』の成分表なんです。

 

使用後の肌は、しっとりとした潤い◎

お肌の透明感も実感できます^^

 

通常のヒアルロン酸やコラーゲン配合の化粧水をお使いで、

「しっくりこない。効果を感じない。」

というのであれば、

『馬プラセンタ化粧水』を試してみるのもいいですよ◎

 

こちらの記事で『馬プラセンタ化粧水』のレビューを書いています。

参考になれば、幸いです^^

 ↓ ↓ ↓

コウネ スキニーローションは効果ない?コウネ馬油&馬プラセンタ化粧水

 

ここまでお読みくださりありがとうございます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ