ケイ素水に効能効果は? 実際に飲んで口コミ!

ケイ素水の効果と口コミ

 

「ケイ素」は

美容と健康にいいという評判なのですが、

実際に「ケイ素」とは、

 

そもそも、何なのか?

また、「ケイ素」の効果はどうなのか?

 

気になるところですよね?

 

私も、興味があり、調べてみました^^

 

今日は、「ケイ素」について、

 

いったいなんなのか?

不足するとどうなるのか?

美容と健康にいいものなのか?

どれくらいの量が必要なのか?

 

などを、書いてみたいと思います。

 

「ケイ素」とは?

 

そもそも、「ケイ素」とは、

岩石や土壌、粘土などを

構成している元素のことです。

 

一般的には「ケイ素」と呼ばれています。

(※別名:シリカ)

 

「ケイ素」は、私たちの体の中にも存在します。

最も多く含まれているのが皮膚です。

 

皮膚以外にも、

骨・毛髪・爪・血管・細胞壁など、

さまざまな部位にあるんですね。

 

「ケイ素」は、

コラーゲンやエラスチン、そしてヒアルロン酸、コンドロイチン

などを構成する物質で、

「結合組織を丈夫にする」という働きがあると言われています。

 

 

 

 

「ケイ素」が不足するとどうなる?

 

それでは、次に、

「ケイ素」の役割がわかったところで、

不足した場合に、

私たちの体にどのような事が起きるのか?書いてみます。

 

「ケイ素」が不足すると、

結合組織がもろくなってしまうので、

爪や骨がもろくなったり、

髪の毛が抜けてしまうなどの症状が

出やすくなってしまうんです^^:

 

この症状、

私にも思い当たるフシがあります…。

 

健康な体をキープするのに、

とても大切な「ケイ素」なのですが、

年齢と共に減少してしまいます。

 

「ケイ素」は、

もともと体内で作られるものではないので、

私たちの大敵「老化」を防ぐためにも

体外から摂取しなければならないんですね。

 

うーん。

「体の中では作られない。」って、

衝撃的です…。

 

老化するって、

こういう事なんでしょうね^^;

 

では次に、

具体的に「ケイ素」が

どのように「美容と健康」にいいのか?

書いてみます。

 

 

美容と健康の効果は?

 

美しい肌や丈夫な爪、

美しい髪には憧れますよね^^♪

 

その美しさには、うるおいはもちろんの事、

強さ(丈夫さ)も必要です。

 

例えば、美しい髪には、

ハリやコシ、しなやかさがありますよね◎

 

ただ、うるおいがあるだけでは、

美しく保つことは出来なくて、

丈夫さも必要だという事なんです。

 

また、その美しい、丈夫な肌・爪・髪には、

これまた「ケイ素」が多く存在している

事がわかっています。

 

そして、

「美容や健康にいい。」といわれる「ケイ素」は、

お肌に多く存在していて、

コラーゲンやエラスチンにしっかり結びついて、

健康なお肌、美しさを引き出すミネラルなんです。

 

また、年齢を重ねると

「カルシュウムが不足する。」といわれ、

カルシウムのサプリメントを摂取されている方も多いようですが、

カルシュウムを効率良く体に吸収させるには、

ケイ素の働きがとても重要です。

 

「体に不足しているものを、サプリメントで補う。」

これは、現代ではあたりまえのようになっていますが、

 

せっかく摂取したサプリメントも

体に吸収されなければ意味はありません^^;

 

「ケイ素」は、美容だけでなく、

健康面でも欠かせない成分のひとつなんです。

 

では、実際に「ケイ素」の必要摂取量は、

どれくらいなのか?

 

書いてみますね^^

「ケイ素」の必要な量は?

 

「ケイ素」の摂取量ですが、

1日の必要摂取量 大人で9mgです。

 

「ケイ素」は、体内では作られないので、

外からの補給が必要。

 

では、いったいなにから取ればいいのか?

 

サプリメントや水などが販売されていますが、

おすすめは、「ナチュラルミネラルウォーター」です♪

 

水ですね。

 

「ケイ素」を摂取できる商品として、

一般的には、ミネラルウォーターが販売されています。

ケイ素水はミネラルウォーターで

 

通常、ミネラルウォーターには、

約10mg/Lの「ケイ素」が含まれていますが、

「ケイ素」の摂取のために作られたミネラルウォーターは、

およそ90mg/L以上含まれるものが多いようです。

 

「ケイ素」は、水に溶けた状態で摂取することで、

体内のアミノ酸や有機酸などと反応して

有機ケイ素としての働きも発揮します。

 

飲料水なので手軽に飲めること、

さらに、体内への吸収効率もいいことから、

ミネラルウォーターでの摂取が効果的と言われています。

 

ただし、最もおすすめできるのは!?

 

厳密にいうと、

「ミネラルウォーター」ではなく、

「ナチュラルミネラルウォーター」です。

 

「ミネラルウォーター」と「ナチュラルミネラルウォーター」

の違いですが、

 

「ナチュラルミネラルウォーター」は、

無添加の天然水を加熱、殺菌していますが、

ミネラルウォーターは、

添加物を配合してもいいものなんです^^;

 

ですので、

「ナチュラルミネラルウォーター」こそ、

無添加の天然水なんですね^^

 

 

 

実際にケイ素水のミネラルウォーターを飲んでみて

 

ここまで、「ケイ素」について調べたことを

ここまで書いてきましたが、

 

調べただけでは、もったいないので

実際に飲むことにしました♪

 

私が選んだ「ナチュラルミネラルウォーター」は、

「ケイ素」が97mg/Lです◎

 

なぜ、これを選んだのか?

飲んだ結果、私の体やお肌にどのような変化が現れたのか?

こちらの記事で詳しく書いています^^

 

参考によければ読んでみて下さい。

↓   ↓   ↓

のむシリカ【霧島天然水】

 

※ちなみに、「ケイ素」の水は、

ほとんどが「シリカ」と

記載されているようです。

 

ではでは、参考にして貰えれば幸いです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ