水と美容の関係について

人は生きる為に水が必要です。 人に必要な水分は、体重を30で割った分費用とされています。

ですので、日本人女性の平均体重は大体50キロと言われていますので

必要な水の摂取量は、1.6リットルくらいになります。

 

これは、500mlペットボトルの三本分以上の量です。

 

意外と多いのではないでしょうか? もちろん水は過剰に摂取する必要はありませんし

水だけを正しく摂取していれば健康で美しくいられるわけではありません。

 

ただし、水分が不足すると美容や健康に支障がでますので、十分に水を摂取しましょう。

 

水を飲む様子

 

 

水には、種類がある

 

よく知られた話ですが水には種類が存在します。

ここでは、それぞれの特徴においてどんな水が適しているのか

まとめていきます。

 

飲みやすい水とは?

 

水には、硬水と軟水と分かれます。

これは、水に含まれるカルシウムイオンとマグネシウムイオンの分量によって違ってきます。

ちなみに、日本の水は軟水と言われていて、カルシウムイオンとマグネシウムイオンが多く分が比較的少ないのですが

その分飲みやすい水となっています。

 

また、一時ブームになった外国産(ヨーロッパ)のミネラルウォーターは

ちなみに、硬水です。

 

 

ミネラルが豊富な温泉水

 

温泉水は、ミネラルが豊富なので通常の水より健康や美容に良いとされています。

もちろん、温泉水に含まれている成分は産地によって異なります。

また 、水質によっては、逆に体に良くないものもありますので注意です。

 

アルカリ性の水

 

健康な人の体は、弱酸性に傾いている様です。

ミネラルウオーターの中でも、アルカリ性の水は人を

健康に導いてくれる可能性があります。

 

 

これらの要素を兼ね備えていて私が個人的にオススメするのが

温泉水99というミネラルウォーターです。

 

鉄を入れても通常の水道水と比べて錆びなくて、とても飲みやすい

水です。

 
詳しい説明に関しては、温泉水99の詳細にて解説していますので

水美容に興味のある方は一読下さい。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ