睡眠と美容の深い関係について

これは、私の友人の皮膚科の先生が言っていた事ですが、彼女に相談にくる肌に問題のある

患者さんの平均睡眠時間はとても短いのだとか。

 

言うまでもなく、『美容と睡眠』は密接に関わっています。

もちろん、睡眠不足が影響を及ぼすのは皮膚だけではなく肥満、それから健康と

睡眠が不足する事による影響は図りしれません。

 

睡眠画像

 

 

睡眠のメカニズムと美容への影響について

 

眠りについていてから三時間くらいで成長ホルモンが分泌されます。

これにより細胞分裂が起こって肌はに日中に受けた肌のダメージの修復をしたり

体脂肪も燃やしたりしています。

 

つまり、美容にとっては非常に大切な体のメンテナンスの時間なのです。

ですのでこの貴重な時間を奪ってしまうと肌荒れや肥満を招きます。

それから、体調不良など健康面でも影響が出てきます。

 

睡眠で気を付ける点について

 

睡眠で気を付ける点は、十分な時間と深い眠りです。

つまり、 量と質が伴っていなければいけません。

 

時間は、六時間以上が通説となっている様でこの根拠は

上記で説明した『成長ホルモンが分泌されてから体のメンテナンスをするのに必要な時間 』

という事なのです。

 

それから、有名な肌のゴールデンタイムに寝る事も必要とされています。

このゴールデンタイムには諸説ありますが、大体十二時くらいには

眠りについていれば大丈夫です。

深い眠りを得る為に

 

私が深く良質な睡眠を得る為に心がけている事は以下の通りです。

 

 

  • 朝のシャワーでなくて夜の入浴をする。

 

  • 十二時の一時間から三十分前には部屋を暗くするとメラトニンという
    眠りを深くする物質が分泌される。

 

  • 部屋の電気を消してから、BGMをかけるリラックスして眠れる。
    YOUTUBEなどで”リラクゼーション”や”ヒーリング”、”オルゴール”など検索する
    と心地よい音楽が聞ける。特にストレスを抱えている時などは川のせせらぎなど
    自然の音入りの音楽を聴くと落ち着いて眠れる。

 

 

意外と効果的なので、参考になれば嬉しいです。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ